前へ
次へ

税理士の試験を受けるためには

「税理士」試験の特徴は、「科目選択制」と「科目合格制」の2つになります。科目選択制とは、会計科目の「簿記論・財務諸表論」の必須科目と、税法科目中から3科目、計5科目を選択する必要があります。「科目合格制」とは、合格した科目は一生涯有効なため、一度に5科目受験する必要がありません。一度中断しても、再度開始することが出来ます。税理士試験は、例年8月第1週の火曜日・水曜日・木曜日に行われます。受験資格として主なものとして、大学や短大・専門学校卒業資格です。その他のものとしては、日商簿記検定1級に合格していることや税理士事務所や官公署での実務経験等があります。試験内容に関しては、例年4月中旬に「税理士試験公告」が公表され、受験案内等が行われます。

top用置換

top用置換2
Page Top